今後の活動について

皆様へ

日本公益党は、秋の衆議院を目指して都議選に3名を擁立しチャレンジしました。

目的は、「日本公益党の認知」と「我々の提案の理解」でした。
目的は果たせたと思っております。
しかし、今後の活動に対して学ぶべきことがたくさんありました。

現状の我々に足りない、「人材」「組織」「資金」 を検討して活動することになります。
秋の衆議院選は、立候補者は立てず、次回の国政選挙に向けて活動をして参りますので、
今後もご支援ください。